前へ
次へ

愛する家族との別れはペット葬

愛するペットの死というのは大きな喪失感があります。
そのため、近年では最期までしっかりと送り出すペット葬というのが話題となっています。
ペット葬というのはペットのためのお葬式です。
人間と同じように送り出してあげたいという思いを形にしたものとなっています。
葬儀はきちんとお経を詠んでもらい、告別式も執り行ってもらえます。
祭壇も作られますので、ペットが元気だったときのお気に入りの写真を遺影にし、葬儀には家族も参列することが出来ます。
告別式が終わったあとは火葬となります。
火葬が終わるまでペットとの思い出を語り合いながら待ち、火葬後の遺骨は納骨堂に納骨をするという流れとなります。
人間の葬儀と変わりないものですので、最期まで愛するペットの別れが出来ます。
ペットを失うことでペットロスになる人も多いのですが、ペット葬儀を行うことによって喪失感を軽減することが出来るとも考えられています。
そのため、愛するペットの最期はペット葬を行うことをおすすめします。

Page Top