前へ
次へ

ペット葬の流れについて

愛するペットが死んでしまったらとても悲しいですが、飼い主として最後まできちんと面倒を見てあげる必要があります。
ペットブームに伴って、ペット葬を行う家族が増えています。
しかし、ペット葬を行うのは良いけど、その流れについて良く分からない人も多いでしょう。
ペットが死んでしまった場合、まず最初に行うのはペットをしっかり安置させることです。
安置する際には、保冷剤やドライアイスなどを用いて、亡骸を良い状態に保つことが大切です。
そして、ペット専用の葬儀業者に依頼しますが、葬儀場の準備は業者が行ってくれるため心配はありません。
実際の葬儀では、ペットと共に葬儀場へ向かい、葬儀を挙げるという流れになります。
葬儀では読経・焼香・最後のお別れという流れが一般的です。
ちなみに読経を挙げるのは、業者と提携しているお寺の住職となることが多いです。
葬儀が一通り済んだら、火葬場でペットの火葬を行い、お墓に納骨します。
葬儀費用は葬儀場に来た時に支払うこともありますが、大抵は一通りの流れが終わった後に払うことが多いです。

Page Top