前へ
次へ

遺骨のトラブルを回避したペット葬

ペット葬を執り行うことに、賛否両論あるでしょう。
葬儀社であったり、ペット霊園や斎場などが展開することにより、少なからずペット葬を執り行えること自体は難しくはないようです。
ただし、ペットの種類によっては拾骨が行えないケースもあります。
それは、小型動物のさらに小型化している動物で、生まれたばかり、生まれて日が経っていないような赤ちゃんペットも例外ではありません。
火葬にしてしまえば、遺骨が残らないことも少なくありません。
もちろん、火葬時間や温度設定など、プロとして亡骸を焼却できるのが当然のことなのですが、病気などによっては薬の副作用などで骨がもろくなっていたり、赤ちゃんであれば形成されていない場合などもあり、残らないこともあります。
遺骨は返骨するのがペット葬です。
しかし、中には粉骨となってしまうことを了解しなければ火葬の許可が下りない、そうした業者も少なからずいます。
移動火葬車にも多いトラブルでもあり、できるならば実績ある大手に葬儀は依頼しましょう。

Page Top